非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

安いシェーバーはバッテリーがダメだった件

   

以前、7,000円くらいで購入したシェーバーが7年の使用を経て故障したため、新しいものを購入しようと思ったのが2012年12月。あんまりお金をかけたくないと思って、Amazonで1000円のシェーバーを見つけ、ツインヘッドだしウォッシャブルだし機能的には問題なさそうなので購入しました。安物買いの銭失いとは言いますが、7000円で7年持ったのだから、1000円だったら1年持てばトントン、まあ1年以上はさすがに持つだろうと思い、理屈上安い方が合理的と思った次第です。

そしたらピッタリ1年で故障・・・。

故障の原因はバッテリー。寿命がだんだん短くなってついには充電しても作動せず。まあ、1年でトントンだったわけなので決して損をしたわけではありません。でも、もうちょっと持ってほしかった・・・。

で、次は回転式シェーバーをAmazonで1,250円で購入。回転式にしたのは円運動の方がバッテリー負荷が低いのではと判断した次第です。ツインヘッドの振動を伴う上下運動よりは省電力なのかと。

そしたら7か月で故障・・・。

やはりバッテリーが原因。これは期待外れで完全に損。

で、今が↓これ。

IZUMI Cleancut 往復式シェーバー IZF-02 ブラック
イズミ (2011-02-22)
売り上げランキング: 65,233

選んだ理由は605円と安かったことと、乾電池式(2個)ということでバッテリー問題に悩まない点です。乾電池の寿命はまだ何とも言えませんが、100円ショップの6個入りのものを使って今のところ1か月は持っています。1か月だったらランニングコストが年400円ということに。もう少し見極めますが、もしかして充電式の単3タイプのバッテリーの方が安価で済むかも。100円ショップで2個+充電器で300円でしたので、バッテリーがヘタっても200円で買えばいいだけです。

 - ガジェットレビュー