非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

電気の請求書を眺めていたら太陽光発電がオワコンだと気づいた

      2015/12/29

昔、太陽光発電の導入を検討したことがあったのですが、発電・売電効果を加味して計算してみると、導入費用200万円に対し、20年でようやく償却できる試算でした。200万円も投資してトントンになるのが20年後というのはちょっとリスクが大きいと思って諦めたわけです。

一時は、原発に変わるニューエネルギーともてはやされた太陽光発電でしたが、ふたを開けてみると結構高コストな発電方法のようでなかなか厳しいみたいですね。

で、先だって、自宅に送られてきた電気料金の明細を眺めてみたら、ふと思ったことがありました。

うちの契約プランは夜間の電力が大きく下がる(逆に昼間が高い)「電化上手」なのですが、電気料金ごとの明細を書いてみると次の通り。

で、もし、すべての電気料金が夜間電力だったらこうなります。

なんと、2,335円の削減ができるわけです。これが1か月間の削減額。12ヵ月で28,019円の削減、20年で560,381円の削減となります。(夏場は昼間の電力費が上がるので効果はもっと高くなる。)

で、どうしたら昼間に夜間電力を使うことができるのかというと、ハイブリッド車やEV車で急速に進化を遂げている蓄電池なのです。もし50万円くらいで買えたら太陽光発電なんかよりも高い投資効果があります。(同じ償却期間でも初期投資額が安ければ投資効果は高い)

太陽光のように発電するわけではないので、結局電力会社の電力を使うのですが、今問題になっているのは昼間のピーク電力であって、そこの負荷の分を発電しなければならないわけです。昼間の使用電力を夜間に回せば電力会社が用意すべき電力量はぐっと減らせるわけです。

で、問題の家庭用蓄電池ですが、今のところ7kWh程度で70万円くらいだそうです。うちの場合昼間と朝晩で1ヵ月151kWhだったわけですから1日に換算して5kWhの容量があればOKなのでちょうどいいです。が、やはり、70万円というのはちょっと高い。償却が20年を超えるわけですから。
ところが・・・、
まだ日本で発売されていないものの、あのEV車で革命を起こしたテスラから7kWhで3,500ドル(約42万円)の家庭用バッテリーが発売されるというのではないですか!なんと15年で償却できてしまう・・・。さすが車業界の技術革新はスゴイ!
情報源

http://standard-project.net/chikuden/makers/tesla/

これがテスラの家庭用バッテリー「Powerwall」のイメージ図。おぉ、かっこいい。

おそらく、自動車で使われているという面からも、太陽光に比べ技術革新が速いのだと思います。これからもっともっと技術が向上することに期待したいと思います。日本のメーカーもがんばってくれ。シャープよ!ここだ!

そうなると、太陽光発電はオワコンですな・・・。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - 技術系コラム