非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

夜ブログ書いていて眠くなった時の対処法

      2016/02/05

サラリーマンは忙しいのです。以前もブログに書きましたが自称イクメンの僕はさらに時間がありません。何たって夜の2時間しか自由になれないんですから。

a

 

昼間は会社業務に注力しなければならないし、帰ったらクソガキ愛する息子たちの相手をしたり家事をしたり。やっと一息ついた21時からこうしてブログを書いているのですが、ここは1日で最も生産性が落ちる時間帯。寝る直前ですからね。眠気が襲ってきます。

そんな時どうするかというと、一般的に眠気覚ましとしてよく言われているのが、コーヒーとかお酒を飲んだり、少し体を動かしたりするといったことですが、コーヒーは全然目覚めないし、お酒も逆効果な時があって危険です。体を動かすことも悪くはないですが、やっぱり目覚めのピークが過ぎると余計に眠くなります。

僕がいろいろ試した中で最も効果的なのは、好きな音楽を聴くことなんです。実は。

意外と思われるかもしれませんが実は音楽なんです。音楽の視聴ってアルファ波が増えてリラックスして眠くなると思ってしまいそうですが、一度やってみるとわかりますが驚くほど覚醒します。むろん、”好きな音楽”であることが重要。僕の場合は80年代のアニソンか歌謡曲あたりが良い感じです。

80年代というと、ちょうど僕が中学生くらいで、アニメで言えば、ダンバイン、エルガイム、Zガンダムなんかのサンライズ三部作(僕が勝手に命名)や、もう少し前の未来警察ウラシマンやスターザンS(この辺りになると同世代も付いてこれない・・・)あたり。歌謡曲で言うと、中森明菜(来たウィング、DESIREは最強)とか松田聖子 etc。歌謡曲はもう少し時期に幅があるかな。90年代でもOKです。今井美樹とか初期のマライアキャリーなんかもいいですね。やっぱ青春時代に聞いた音楽はいろいろ記憶も伴っているので、聞いていて気持ちが高揚するんでしょうか。逆に目が覚めるんです。ベータ波出まくり。

逆にすぐに眠くなるのが人の話し声です。YouTubeで討論番組なんか観てるといつの間にか眠っています。アゴラチャンネルなんか観ていたら野比のび太並みの秒速で寝落ちしますよ。中身は面白いテーマなんですが、なんか話に抑揚がないので、途中からもう「羊が一匹・・・」な感覚に陥ります。逆に、寝たいけど眠れないときはこれを見るといいのかも。(笑)

まあ、どんな音楽を聴くかは人それぞれですが、眠くなったら試してみてください。

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - 雑談