非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Python/pyQt:.pyファイルをダブルクリックだけで起動する方法

   

PyQtでせっかくGUIアプリケーションを作ったとしても、起動する場合は以下のようにコマンドプロンプト上でコマンドを打たなければならず、いま一つエレガントさに欠けます。

ここはやはりダブルクリック1つで起動したいところですが、.pyファイルをPythonに関連付けすれば可能です。その方法を紹介します。

尚、ネット上では何とかexeファイルにする方法が見受けられますが、この方法を使えばわざわざexeファイルにする必要はないと思います。

広告

.pyファイルの関連付け

Pythonファイル(.py)のどれでもいいので、右クリックして「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」を選びます。

 

以下のウィンドウが現れるので、「その他のアプリ↓」をクリックします。

 

アプリケーションのリストが現れるので、「常にこのアプリを使って.pyファイルを開く」にチェックを入れた後、リスト一番下の「このPCで別のアプリを探す」をクリックします。

 

Anacondaフォルダ直下にある「pythonw.exe」を指定します。「python.exe」ではないことに注意ください。

 

指定したら以下のようにアプリケーションが起動します。同時に.pyファイルのアイコンが変わります。

 

次からダブルクリックで起動できる!

.pyファイルを「pythonw.exe」に関連付けしたら、次回からすべての.pyファイルでダブルクリックでGUIアプリケーションが起動できます。

 

注意すべきは、コンソールアプリケーションの場合はコマンドプロンプトが起動せずバックグラウンドで動くのみとなります。(一見、なにも動いてように見えます)

Pythonをコンソールアプリケーション中心で利用する場合は、「python.exe」の方に関連付けした方が良いです。

 

ただ、まあ、コンソールアプリはやはりコマンドプロンプトから起動した方がいいかもね。

 

広告

 - Python