非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

GoogleスプレッドシートでImportXML関数を使って為替データをスクレイピングする

   

以前、Google Apps Scriptを使って為替データをスクレイピングする方法について書きました。

この方法はもう忘れましょう。

もっと簡単な方法が用意されていました。

ImportXML関数を使うことで株価や為替データをリアルタイムに取得できます。スクリプト不要で関数1つでスクレイピング可能なのです。

広告

ImportXML関数の基本形

以下が基本形です。

=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=USDJPY=X","//td[@class='stoksPrice']")
 

 

第一引数にURL、第二引数に要素、属性値を指定します。上の例ではYahooファイナンすページからドル円の最新値を取得してきてくれます。

これをGooleスプレッドシートのセルにぶちこむと、一瞬Loading…と現れた後、ドル円の最新値が現れてくれます。

 

各ペア

主要な通貨ペアを表示させるには「USDJPY」のところを変えてあげれば良いです。以下は各通貨ペアを呼び出すコードです。各コードを個別のセルに入力してあげればOKです。

=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=USDJPY=X","//td[@class='stoksPrice']")
=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=EURJPY=X","//td[@class='stoksPrice']")
=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=EURUSD=X","//td[@class='stoksPrice']")
=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=AUDJPY=X","//td[@class='stoksPrice']")
=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=AUDUSD=X","//td[@class='stoksPrice']")
 

 

ご覧の通り各通貨ペアの最新値を取得できました。

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Google Dirve