非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

ChromebookにインストールしたAndroid StudioでAndroid仮想デバイス(AVD)が使えるのか試してみた

   

先だってChromebookにAndroid Studioをインストールしました。

次はAndroid開発に欠かせない仮想デバイス(AVD)のインストールにチャレンジしました。果たしてインストールできるのか…?

広告

まず最初にAndroid Studioの右上にある「AVD Manager」ボタンを押します。

以下の画面が現れます。中央の「Create Virtual Device…」というボタンをクリックしましょう。

以下の画面になりました。好みのデバイスを選択し、「Next」ボタンを押します。

ダウンロード画面になりました。好みのバージョンを選んで「Download」リンクをクリックすれば…と思ったら右側に何やら赤い文字が…。

「Your CPU does not support required features (VT-x or SVM)」…CPUが対応していないようです。

僕のChromebookマシンのCPUはCore m3シリーズ。このCPUでは対応できないのでしょうか。

ググってみるとVirtual Box上でも発生する例が見られました。ChromebookもVisual StudioはLinuxアプリとして動かしているのですが、そのLinuxは仮想マシン上で動いているのでこれが原因でしょうか。まだAVDがCrostini対応になっていないかも。

今後対応していくかもしれませんが、しばらくはAVDなしで開発していこうと思います。

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Androidプログラミング, Chromebook