非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Kotlinの基礎:条件分岐とループ

   

Kotlinの条件分岐とループに関する備忘録です。

条件分岐の基本形
val tall = 176
if(tall>170){
  println("high")
}else{
  println("low")
}
//出力
//high
 

 

値を返すif文
val tall = 176
val result = if(tall>170) "OK" else "NG"
println(result)
//出力
//high
 

 

when文

JavaやC#のselect文と同じです。

val tall = 176
val result = when(tall){
  in 175..199 -> "high"
  in 170..174 -> "middle"
  in 0..169 -> "low"
  else -> "?"
}
println(result)
//出力
//high
 

 

for文の基本

C/Java/C#などのfor(int i=0; i<10; i++)という構文はなく以下が基本形です。

for(i in 0..9){
  print(i)
}
//出力
//0123456789
 

 

配列をループする場合は以下の方法です。

val fruits = listOf("Apple", "Orange", "Peach")
for(fruit in fruits){
  print(fruit)
}
//出力
//AppleOrangePeach
 

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Kotlin