非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Google Drive でZohoオフィスが使える!

      2016/08/31

広告

Google Drive っていろいろなアプリと連携が取れるのですが、まさかオンラインオフィスで競合しているZohoと連携が取れるとは思ってもいませんでした。まずはインストールしてみたので紹介。

Google Drive上でZohoをインストール

Google Drive上で、「新規」-「その他」-「+アプリを追加」を選択します。

1

 

今回はZoho Sheetをインストールしてみます。一覧の中からZoho Sheetを選択してインストール。

2

 

以下のような画面が現れたらインストール成功です。

3

 

Zoho Sheetを開く

Google Drive上で「新規」-「その他」を選択すると、Zoho Sheetが現れます。これをクリックします。

4

 

インストール後の最初はこのようなメッセージが現れますので、「許可」ボタンを押してください。

5

続いて次のメッセージも現れます。こちらも「許可」ボタンを押下。

6

Zoho Sheetが現れます。見た目はExcelに近いかな。Googleスプレッドシートより外観はきれいです。メニューからいろいろな機能があるように見えます。

7

 

しかも、メニューに「マクロ」があり、これをプルダウンすると、驚くべき事実が・・・。

まず、「マクロの記録」があるという点。これはデスクトップ版Excelにしか存在しなかった機能ですが、Zohoにあります。これは非常にうれしい。あと、「VBAエディター」という文字が。つまりZohoのマクロ言語はVBAということです。100%互換はないようでうすが、これは他のオフィスに比べポイントが高いと思います。

8

ちなみに、Google Drive上のアイコンは以下の通り。拡張子がzsheetとちょっと長め。

9

これから触っていくので随時報告します。

 

 

 - Google Dirve, 技術系コラム