非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

HTML Converter for C# の使い方

      2016/01/01

このエントリーでは自作アプリ「HTML Converter」の使い方を説明します。ダウンロードはこちらで。

まず、HTML Converterを起動します。

1
テキストボックスにそのままソースコードをコピペしても構いませんし、下図の通り、ファイルを読み込んでもOKです。いずれにしてもテキストボックスにHTMLで整形したいソースコードを表示させます。

2
あとは簡単。「convert」ボタン(緑の三角ボタン)を押すとHTMLでマークアップされたものが現れます。「To Clipboad」ボタンを押して、できあがったHTMLをクリップボードにコピーします。

3
■ 2015/12/19 追記 ■

ここからブログに貼り付けます。以下の画像はBioggerの例ですが、だいたいどこのブログにも似たような操作ができるはずです。

ブログのエディタを開いて、HTMLモードにします。
※HTMLモードはどのブログサービスにもあるはずですが、もし無ければ貼り付ける手立てはちょっとまたりません。でも普通にあると思います。

先ほどのアプリの「To Clipboad」ボタンで、HTMLタグがクリップボードにコピーされていますので、ここではペーストするだけです。「Ctrl」+「V」を。

4

下図のようにタグが貼り付けられます。エディタを通常モードに戻してください。

0A

下図のようにソースコードが現れます。
0B
■完成例■

using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;
using System.IO;
using System.Text;
class HTMLBrowser : Form{
   private WebBrowser wb;
   private string text;
   public HTMLBrowser(string text){
      this.StartPosition = FormStartPosition.CenterScreen;
      this.Width = 600;
      this.Height = 550;
      this.Text = “HTML Converter”;
      this.ShowInTaskbar = false;
      this.text = text;
      this.Shown += new EventHandler(this.showForm);
      this.setComponents();
   }
   public void run(){
      string fname = Path.GetDirectoryName(System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location);
      fname = fname + “\\index.html”;
      string savetext = “<!DOCTYPE html><html><body>” + text + “</body></html>”;
      Encoding sjisEnc = Encoding.GetEncoding(“UTF-8”);
      StreamWriter file = new StreamWriter(fname, false, sjisEnc);
      file.Write(savetext);
      file.Close();
   }
   public void showForm(object sender, EventArgs e){
      wb.Refresh();
   }
   private void copyBtn_Click(object sender, EventArgs e){
      Clipboard.SetText(text);
   }
   private void closeBtn_Click(object sender, EventArgs e){
      this.Close();
   }
   private void setComponents(){
      Panel mainPane = new Panel(){
         Padding = new Padding(5),
         Dock = DockStyle.Fill,
         Parent=this,
      };
      Panel btnPane = new Panel(){
         Dock = DockStyle.Bottom,
         Size = new Size(80, 60),
         Parent=this,
      };
      wb = new WebBrowser(){
         Dock = DockStyle.Fill,
         Name = “webBrowser1”,
         //BorderStyle = BorderStyle.FixedSingle,
         Parent=mainPane,
      };
      string fname = Path.GetDirectoryName(System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location);
      fname = fname + “\\index.html”;
      wb.Navigate(fname);
      Button copyBtn = new Button(){
         Text = “To Clipboad”,
         Size = new Size(130, 30),
         Location = new Point(300, 10),
         Parent=btnPane,
      };
      copyBtn.Click += new EventHandler(this.copyBtn_Click);
      Button closeBtn = new Button(){
         Text = “Close”,
         Size = new Size(130, 30),
         Location = new Point(440, 10),
         Parent=btnPane,
      };
      closeBtn.Click += new EventHandler(this.closeBtn_Click);
   }
}

スポンサーリンク

 - 自作アプリ紹介