非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Python/matplotlibでcsvファイルの為替データからローソク足チャートを作る

   

Pythonでローソク足チャートを作る方法です。

MetaTraderから引っ張ってきた為替データ(csvファイル)を読み込んでローソク足チャートにします。

広告

データはご覧の通り、日付、始値、高値、安値、終値の順で並んでいます。

先頭の項目行は、元々のMetaTraderからのダウンロードデータには存在していないので後から追記しています。

ソースコードはこちら。

import pandas as pd
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib.finance as mpf

book = pd.read_csv("USDJPYM15.csv")
book = book.loc[500:550] #任意の50データを抜き取り

date = book["Date"].values
open = book["Open"].values
high = book["High"].values
low = book["Low"].values
close = book["Close"].values

df = pd.DataFrame({'始値':open, '終値':close, '高値':high, '安値':low}, index = date)

plt.figure(figsize=(8, 6))
ax = plt.subplot()
mpf.candlestick2_ohlc(ax, df['始値'], df['高値'], df['安値'], df['終値'], width=0.5, colorup="g", colordown="r")
ax.grid()
ax.legend()
#fig.autofmt_xdate() #x軸のオートフォーマット

plt.show()
 

 

下図の通りローソク足チャートが現れました。

 

広告

 - Python