非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Kotlinの基礎:配列とコレクション(Array/List/Set/Map)

   

Kotlinの配列、コレクションに関する備忘録です。

配列の基本形
val arr : Array<Int> = arrayOf(0,1,2,3,4)
//val arr = arrayOf(0,1,2,3,4) //左辺のArray<Int>削除可能
println(arr[1])
arr[1] = 3
println(arr[1])
//出力
//1
//3
 

 

コレクション(List/MutableList)
val list : List<Int> = ListOf(1, 2, 3)
println(list)          // 出力 => [1, 2, 3]
println(list[1])       // 出力 => 2
println(list.get(1))   // 出力 => 2
println(list.size)     // 出力 => 3
list[2]=10             // エラー発生!
 

 

要素の編集をしたい場合はListではなくMutableListを使います。

val list : MutableList<Int> = mutableListOf(1, 2, 3)
println(list)
println(list[1])
println(list.get(1))
println(list.size)
list[2]=10    //<= OK
println(list[2])
//出力
//2
//2
//3
//10
 

 

コレクション(Set/MutableSet)
val fruits : Set<String> = setOf("Apple", "Peach", "Orange", "Apple")
//↓これはエラー。Setは要素の順番を保証していないため要素番号の指定はできない。
//println(fruits[0])
println(fruits)
//出力
//[Apple, Peach, Orange]
 

 

要素の編集をしたい場合はSetではなくMutableSetを使います。

val fruits : MutableSet<String> = mutableSetOf("Apple", "Peach", "Orange", "Apple")
fruits -= "Peach"   //要素からPeachを削除
fruits += "Kiwi"    //要素にKiwiを追加
println(fruits)
//出力
//[Apple, Orange, Kiwi]
  

 

コレクション(Set/MutableSet)
val fruits : Map<String, Int> = mapOf("Apple" to 240, "Peach" to 120, "Orange" to 190)
println(fruits)
println(fruits["Peach"])
//出力
//{Apple=240, Peach=120, Orange=190}
//120
 

 

要素の編集をしたい場合はMapではなくMutableMapを使います。

val fruits : MutableMap<String, Int> = mutableMapOf("Apple" to 240, "Peach" to 120, "Orange" to 190)
fruits.remove("Orange")  //要素からOrangeを削除
fruits.put("Kiwi", 150)  //要素にKiwi=150を追加
fruits["Peach"] = 198    //Peachの値を198に変更
println(fruits)
//出力
//{Apple=240, Peach=198, Kiwi=150}
 

 

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Kotlin