非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Linux MintでGoogleドライブと同期する方法(google-drive-ocamlfuseの導入手順)

   

WindowsやMacにはGoogleドライブと同期するアプリが存在しますが、残念ながらLinuxにはありません。公式サイトを見てみると「Linux版ドライブアプリはございません」とはっきり書かれています。

じゃあ、ブラウザ上でしか利用できないのか?というとそうではなく、google-drive-ocamlfuseというアプリをインストールすることでGoogleドライブにマウントすることができます。

今回はLinuxでの導入手順を紹介したいと思います。

ちなみにインストールしたのはLinux Mintですが、ubuntu系であれば手順は同じかと思います。

広告

 

google-drive-ocamlfuse のインストール

google-drive-ocamlfuseは以下の3つのコマンドでインストール可能です。コンソール上でインストールしましょう。

sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install google-drive-ocamlfuse
 

 

Googleアカウントの認証

インストールが終わったらGoogleアカウントの認証を行います。コンソール上で以下のコマンドを打ちます。

google-drive-ocamlfuse
 

 

すると、ブラウザが立ち上がってGoogleアカウントの認証を求められます。画面に従って認証します。

 

以下の画面が現れるので「許可する」をクリックしましょう。

 

以下の画面になったら認証成功です。

 

Googleドライブをマウントする

次に任意のフォルダにGoogleドライブをマウントします。あらかじめマウントする専用フォルダを作っておいて、以下のコマンドを打ちましょう。なお、毎回起動時にマウントされるように、以下のコマンドは「.profile」ファイルに書き込んでおきましょう。

google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDrive
 

 

マウントが成功するとフォルダの中にGoogleドライブの中身が展開されます。これでGoogleドライブがローカルドライブかのように使うことが出来ます。

 

ちなみにアンマウントは以下のコマンドになります。

fusermount -u ~/googledrive
 

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Google Dirve, Linux