非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

ChromebookにJavaFX(OpenJDK-8)をインストールしてコンパイル、実行してみた(非開発者モードで)

   

前回、ChromebookにJavaFXのGUI作成ツールであるScene Builderをインストールしましたが、今回は実際にJavaFXでGUIアプリを作ってみます。果たしてChromebookでJavaFXアプリは起動するのでしょうか??

[ad#top-1]

ChromebookにJDKをインストール

まずはChromebookにJDKをインストールします。Linuxターミナルから以下のコマンドでインストールします。最新バージョンは11ですが(9, 10含め)そちらはインストールできず、Java8のインストールです。

sudo apt-get install openjdk-8-jdk
 

 

とりあえず、インストールは正常に進んでくれましたね。


インストール後、バージョン確認すると以下の通り。ちゃんとインストールしてくれたようです。

Linuxの場合、JavaFXは個別にインストールする必要があります。以下のコマンドでインストールしましょう。

sudo apt-get install openjfx
 

 

簡単なプログラムを作ってみる

JavaFXで簡単なウィンドウアプリを作ってみます。

前回インストールしたSeneBuilderでLabelとButtonを適当に配置したフォームを作ってFXML形式で保存しておきます。「Hello.fxml」というファイル名で保存しました。

 

次にJava側のプログラムは以下の通りです。あくまでHello.fxmlを呼び出して表示させるだけの簡単なプログラムです。起動するかどうかだけの確認なのでまあこんなところかと。

import javafx.application.Application;
import javafx.fxml.FXMLLoader;
import javafx.scene.Parent;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.stage.Stage;

public class Hello extends Application {
  @Override
  public void start(Stage primaryStage) throws Exception{
    Parent root = FXMLLoader.load(getClass().getResource("Hello.fxml"));
    primaryStage.setTitle("Hello World");
    primaryStage.setScene(new Scene(root, 600, 200));
    primaryStage.show();
  }

  public static void main(String[] args) {
    launch(args);
  }
}
 

 

Hello.fxmlと同じフォルダ内にHello.javaというファイル名で保存しました。

コンパイルしてみる

それではHello.javaをコンパイルしてみましょう。ターミナル上で javac Hello.java と打つと特にメッセイージもエラーもなく終わります。

フォルダを見てみると、Hello.class というファイルが生成されていました。コンパイルは成功しました。

実行してみる

それでは、Hello.classを実行してみましょう。

ターミナル上で java Hello と打つと… 見事起動しました。成功です。

 

ChromebookでJava開発環境の構築が可能ということがわかりました。

デベロッパーモードでしか開発できないと言われていたのはもはや昔の話で、開発機として十分機能しますね。

 

[ad#ad-1]


スポンサーリンク

 - Chromebook, Java