非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Linux MintでMeta Trader 4インストール失敗! そこから無事インストールできるまでの記録

      2018/09/24

Linux MintでMeta Trader 4をインストールしたのですが、いくつかの障害を経て無事インストール成功したのでここに書き留めておきます。

ポイントは、「Windowsバージョン問題」と「Wineバージョン問題」で、この記事ではMeta Traderをインストールしながら解決していますが、あらかじめ対処しておいた方が良いでしょう。

 

ダウンロード

Meta Trader 4は以下のサイトからダウンロードします。

ページを下にスクロールすると、ダウンロードボタンが現れます。

 

現時点ではMeta Trader 5が最新版ですが、FX口座のアカウントが4だったので、前バージョンをダウンロードしましたが、特に成約がなければ5をダウンロードした方が良いかもしれません。

ダウンロードすると以下のファイルが保存されます。Meta TraderはあくまでWindowsソフトなので拡張子はexeです。

広告

Wineのインストール

以下のコマンドでWineをインストールしましょう。(以下は32bit版の例)

sudo apt-get update
sudo apt-get install wine32
 

 

Wineを使ってインストールする(Windowsバージョン問題)

ダウンロード先でコンソールから以下のコマンドを打つとWineを介してWindowsアプリケーションがインストールできます。

wine mt4setup.exe

ところが、以下のエラーメッセージが現れました。これが最初の躓き。

 

このオペレーティングシステムはLinuxなのに何で???と思ったのですが、メニューからWineの設定を開いて眺めていたところ、Windowsのバージョンを設定できるところを発見。ここが「Windows XP」となっていたので、設定できる最上の「Winows8」に直しました。

 

改めて、wine mt4setup.exeと打ったところ、無事インストール開始しました。

 

Wineを使ってインストールする(Wineバージョン問題)

インストールを進めていくと、今度は以下のプロキシサーバー情報を聞いてきました。

 

最初、口座のアカウント情報かと思ってそれを入力したのですが、そうじゃないと怒られました。これが第二の躓き。

ググッてみたところ、同じ問題を経験した人を発見。どうやら、Wineのバージョンが古いとこうなるらしいですね。この時点での僕のWineのバージョンを確認すると1.6.2でした。

 

そこで、インストールを一旦やめて、コンソールから以下のコマンドを打ってWineのバージョンを最新にしてみます。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install wine

 

すると、以下のように、バージョンが2.4に上がりました。

 

インストールを再度wine mt4setup.exeで進めると、今度はMonoパッケージがないとのメッセージが。ここは指示通りインストールします。

 

Monoのインストールが実施されます。数分程度かかります。

 

そして、ついにMeta Traderのインストールが開始できました。ここまで手こずった分、感無量です。

 

インストールが終わるとMeta Traderが起動しました。無事成功です。

 

なお、起動後にこんなメッセージも出てきましたので、ここも指示通りインストールしておきました。

 

これでまた1つWindowsに戻らなくてよくなりました。あと戻る理由はOfficeを使う時だけですね。

 

広告

 - Linux