非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

Linux MintにXAMPPインストールしたのでメモ

   

Linux MintにXAMPPをインストールしたのでメモ。Apacheのインストールからhttpd.confでホームフォルダの場所を変更するところまでです。

広告

XAMPPのダウンロード

以下のWebサイトからダウンロードできます。

PHPのバージョンごとに選べます。僕は契約しているWebサーバーと同じ7.1系にしました。青い「ダウンロード」ボタンを押すとインストーラーがダンロードできます。

 

以下のファイルがダンロードされます。

XAMPPのインストール

インストーラーは実行ファイルとして認識されていないので、コマンドプロンプトで以下のように打ちます。

chmod 755 xampp-linux-x64-7.1.13-0-installer.run
 

 

その上で、インストーラーを以下のように起動します。

sudo ./xampp-linux-x64-7.1.13-0-installer.run
 

 

以下のようなインストール画面が現れます。グラフィカルインストーラーになったんですね。ちょっと見ないうちに進化していました。

 

指示に従って進めていくと、インストールが始まります。あと待つだけ。

 

XAMPPの設定

インストールが終わると以下のような画面が現れます。Linuxがこのようなグラフィカルになったのは大変な進歩です。

「Manage Servers」タブを選択してみましょう。

 

以下のような画面になります。デフォルトでMySQLがストップしていますので、選択後、「Start」ボタンを押して起動しましょう。

 

ブラウザのアドレスバーに「localhost」と打つと以下の画面になります。これが出ればXAMPPがちゃんと起動していることがわかります。

 

右上のphpMyAdminというリンクをクリックしてみましょう。

 

SQLサーバーの管理画面になります。レンタルWebサーバー(DBあり)を契約している人ならおなじみの画面です。ここの使い方は今回は割愛。別途書きます。

 

XAMPPの起動コマンド

XAMPPの起動コマンドは以下の通りです。

$ sudo /opt/lampp/lampp start
$ sudo /opt/lampp/lampp restart
$ sudo /opt/lampp/lampp stop
 

 

スタートコマンドを実行すると以下のようになります。

 

ホームフォルダを変更する

デフォルトでは、「/opt/lampp/htdocs/」がホームフォルダになっていますが、root権限がないと編集できないなど使い勝手が悪いです。自分のホームフォルダに変更しましょう。

ホームフォルダの設定は/opt/lampp/etc/httpd.confに記述されていますが、こちらもやはりroot権限がないと編集できないので、sudoコマンドでエディタを立ち上げる必要があります。

Linux Mintの標準エディタはxedなので、以下のようなコマンドを打ってhttp.confを編集できるようにします。


sudo xed /opt/lampp/etc/httpd.conf

229行目あたりに2箇所設定するところがあるので、任意のフォルダを設定しましょう。

 

XAMPPをリスタートして、ブラウザのアドレスバーに「localhost」と打つと…、あれ?エラーが出てしまいます。(指定フォルダにあらかじめindex.htmlファイルを置いています。)



原因はフォルダのアクセス権です。フォルダのプロパティで以下のように設定します。上位のフォルダも同じように設定しましょう。1箇所でも権限が不適切だとアクセスできません。

 

改めてXAMPPをリスタートし、localhostにアクセスすると、自分で作ったindex.htmlが表示されました。成功です。

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Linux