非IT企業に勤める中年サラリーマンのIT日記

非IT企業でしかもITとは全く関係ない部署にいる中年エンジニア。唯一の趣味がプログラミングという”自称”プログラマー。

GoogleスプレッドシートではQRコードを関数だけで作れる!

   

GoogleスプレッドシートではQRコードを関数だけで作成できます。これには驚きました。

Excel2016だとActiveXコントロールを使って作ることはできますが、マクロなどで自動生成する時はちょっと煩雑なコードになります。

しかし、関数で作れるとなるとシンプルなコードでマクロ化できるし、そもそもマクロを使わなくても関数のみで作れる点で有利です。

Googleおそるべし。

これもWebアプリならではなのですが、じゃあExcel on OneDriveでも可能かというとそうではなく、ディスクトップ版Excelとの整合性が足かせになって関数化は無理でしょう。

広告

関数でQRコードの作り方

基本形は以下のとおりです。

=image("https://chart.googleapis.com/chart?chs=200x200&cht=qr&chl=QR文字列")
 

 

「QR文字列」のところにQRコードにしたい文字列を入れればOKです。

ご覧のとおりです。以下の例は「HelloWorld」という文字列をQRコードにした例です。

 

関数なので以下のようにセルを指定することもできます。

=image("https://chart.googleapis.com/chart?chs=200x200&cht=qr&chl=" & A1)
 

 

A列の文字列をQRコードにした例です。

 

1つ注意する点として空白があるとエラーになります。関数やマクロで%20というエスケープ文字に変換してあげる必要があります。

 

ガジェット系ブログもよろしく

すまたすログ

ガジェット系ブログです。主にChromebookの情報やMyマシンのASUS Flip C434TAのレビューなどを書いています。その他IT機器のアプリのレビュー、たまに100円ショップなど。


スポンサーリンク

 - Google Dirve